森友学園問題について

安倍総理の対応

絶対政権を誇ってきた安倍政権ですが、今回の森友学園問題は政権と総理自身にとっても最大の窮地に立たされていると思います。まず夫人が名誉校長になっていることです。そして安倍晋三記念小学校という名目で寄付金を集めていたことです。

いくら旧知の仲とはいえ、知らぬ間に名前を使われていたという答弁は通用しないと思います。勝手に総理や総理夫人の名前を使うとどうなるか?というくらい普通の大人なら考えます。私はすべて事前承認していると思います。更に夫人が公人か私人かの問題も、夫人に護衛ならぬ公務員が数人付き添っているという事はどう見ても公人です。

この問題を国会で追及されると安倍総理はいつもの答弁とは程遠い答え方で、同じ言葉を何度も繰り返したり、逆ギレしたりと、しどろもどろでその場しのぎの答弁にしか見えません。再び政権を投げ出すのではないかと心配してしまいます。

政治家の関与について

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000108-san-soci
これには総理と総理夫人の名前が大きくのしかかります。安倍晋三記念小学校と夫人の名誉校長という名前を出されたら与党関係であれば誰しも便宜を図ります。そうでないと自分の所属する長に逆らうことになり、自分の立場が危うくなります。

第一次安倍内閣では支持率の落ちた安倍総理を身内が公然と批判をしていましたが、現在の内閣では高い支持率ゆえ、総理にたてつく議員は一人もいません。このような状態で森友学園側から名前をちらつかせ協力を求められると、断るのは野党だけです。このように政治家の関与について考えても、政治家本人というより総理と総理夫人の名前によって動かざる負えないという状況だったと思います。

さらに役所の担当者などは従うしかない状態だと思います。すべて強くなり過ぎた安倍総理のおごりや脇の甘さから来ていると思います。

まとめ

今でも日々、森友学園に対する新たな問題が次々出ています。今後安倍政権の支持率が下がり危険水域に入ると、今まで従順だった議員たちが反旗を翻し始めると思います。その時は政権崩壊であり、総理辞職に至る時だと思います。再び政治の混乱期が訪れそうな予感がします。

祖父の年金目当てとかクズ!孫の山本裕也容疑者(23)が逮捕された

東京・調布市で男性(89)が殺害され現金が奪われた事件で、逮捕された孫が一転して殺害を認める供述を始めたことがわかった。

この事件は先月15日、調布市で祖父の一夫さんをハサミで刺すなどして殺害し、現金を奪ったとして、孫の山本裕也容疑者(23)が逮捕されたもの。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170303-00000012-nnn-soci

何故こんな事に

この事件の怖さは、たかが23000円程の金額で人を殺せてしまうものなのでしょうか。しかも、自分の祖母である人を。昔から祖母の虐待などを受けていたのならまだしも、定期的にお金を貰っていたと言う事はおそらく相当可愛がってもらっていた事だと思います。

自分のお金が足りなくなると祖母にせびりに来てそれでもお金を渡し続けた祖母の気持ちはこの加害者には伝わらなかったのか?それともその甘さに甘え過ぎてもらえる事が当然だと思い込んで、もらえないと定期的に暴力などを加えて奪い取って行ったのでしょうか?

普通の家庭で育ったのではないのかなと思ってしまいます。そもそもこの加害者の親は何をしていたのでしょう。複雑な家庭で育ったにしろ、援助をしてもらっていた身内をこんな簡単に殺せてしうまうのはとても許せる事ではありません。

罪悪感はどこへ。もし、一時的に感情的になり、口論になって思わず手が出たにしろ助ける事は出来たはずです。最近、このようなニュースを見るととても悲しく、家族の関係が薄れてきてるのかな?と、思います。

私も含め、周りの友人達も少なからず身内の文句やグチ、勢い余って死んでしまえ!なんて事は言ってしまう事はあってもそれは一時的なもので、口では嫌いだとか言うわりに家族と口論になる事はあるにせよ、ほんとに殺してしまう事なんてありません。

ましてや、親から殴られたりしても決して殴る事なんて出来ませんから。兄弟ではケンカはよくしますが、どっかで親という感情があり、傷つける事なんて出来ません。だから、何故このような事件が起きてしまうのかが残念でなりません。

家族が身内でモメ、皆が不幸せになるなんてどううしてでしょう。この加害者は刑務所に入ってそこで事の重大さに気づけるのでしょうか?だとしたらもう遅いですよね。若い10代の学生や20代前半の子が親を殺害してしまうなんてニュースがたまにありますが、だいたい衝動的にやってしまったと耳にします。こういった事件が起きないようにもっと若いうちに心の勉強が必要な気がした事件でした。

ヤマト運輸巨額の残業代未払いに対しての意見

宅配便最大手ヤマトホールディングス(HD)が、約7万6千人の社員を対象に未払いの残業代の有無を調べ、支給すべき未払い分をすべて支払う方針を固めた。

http://www.asahi.com/articles/ASK335QWFK33ULFA02X.html

ヤマト運輸が過去2年にさかのぼりサービス残業などの未払いの残業代を支払うことを発表しました。企業全体としては未払の残業代が数百億円に上ると言われています。

先日もヤマト運輸がネット通販などの物流量が急激に伸びたことによって配達が追いつかず会社が疲弊しているという記事が新聞にも掲載されました。そのため労働組合は今年の春闘で荷物の取り扱い量を減らす方針を打ち出しました。経済が停滞しているなか右肩上がりで物流量が増えている業種は珍しいと思います。

見方を変えれば大きなビジネスチャンスだと思います。やり方ひとつでピンチをチャンスに変えれるわけです。この局面を乗り越えられるだけの力量があるトップがいないという事です。いないのなら他の会社から引き抜けばいいと思うのです。ただこの問題は物流量という数の問題だけでは済まされない問題です。

宅急便ドライバーは信用第一

荷物が増えすぎて配達が追いつかない、追い打ちをかけるように人手不足という負のスパイラルに入っているようです。しかし宅急便のドライバーや委託の数を増やせばそれで解決する問題ではありません。宅急便のドライバーは信用第一です。お客様の住所、名前、電話番号、家族構成や留守にしている時間などあらゆる個人情報を知ることになります。

一人暮らしの女性が夜遅く宅急便の受け取りでドアを開けるのはとても勇気がいります。いつも配達してくれる顔見知りのドライバーさんならともかくアルバイトや委託の知らない人だとドアを開けるのが不安になります。荷物を受け取る側としては人手を増やして配達するドライバーさんが日替わりのようになるのはやめていただきたいのです。

残業代だけではなく労災も未払い

ヤマト運輸は未払いの残業代を支払えばそれで解決と思っているかもしれませんが、未払いなのは残業代だけではありません。いくつも裁判になっている過労が原因で自殺した社員への労災もきちん支払うべきだと思います。

電通同様にきちんと警察が介入し捜査をして仕事が原因で自殺した社員には病死ではなく過労死を認めて労災を支払うべきだと思います。残業代、労災などをきちんとクリアーしたうえで物流量をどうするかを一から考えて欲しいと思います。

これは欲しい!あなどれない付録|『ちゃお』付録にルンバ

少女漫画誌『ちゃお』(小学館)の付録に史上初めて、「家電」が登場した。機能はずばり「お掃除ロボ」で、机の上の細かいゴミを勝手に吸い取ってくれる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000006-jct-soci

最近では本屋に行っても本がメインなのか付録がメインなのかわからないくらい豪華な付録が付いているものが多くなってきましたね。

本屋でも、付録をそれぞれ開封して「見本です」と展示されていたりします。実際本の中身が気になって購入したというよりも、付録が欲しくて購入した本の方がここ1年では多いような気がします。

今回ニュースとなっている『ちゃお』の付録ですが、これは個人的にとても便利そうで欲しくなってしまいました。

段差まで感知して消しゴムカスを掃除してくれるなんて、なんて賢いのでしょうか。自分で絵をかいたりして消しゴムをかける事が多く、もちろん消しゴムカスも沢山出るのですが、毎回羽根ボウキやブラシなどで取り除くことが出来ない消しゴムのカスが少しだけテーブルの上に残っているのがストレスでした。

この『ちゃお』の付録なら、そんなストレスのもとであった消しゴムのカスも綺麗に掃除してもらえそうです。ルンバの様なパワーはないにしてもある程度綺麗になればその残りを処理するだけで良いのですからね。

それにしても『ちゃお』の付録には驚かされますね。

以前にも付録に魅かれて『ちゃお』を購入したことがあります。その時はミニサイズのトレース台が付録として付いていて小さなボタン電池3つでライトが付くようになっていました。つい最近まで現役で使っていたのですが、はがきサイズくらいの物であればストレスなくトレースすることが出来てとても使い勝手が良かったです。

そしてその後に発売された『ちゃお』についていたバージョンアップされたトレース台も一目見てすぐ購入しました。この時はすでに本を買ったというよりはトレース台を買ったという感覚でした。
その時の付録であるトレース台はほぼ毎週のように使っています。

今回付録となっているルンバのような掃除機とセットで使う事で、私のお絵描きライフはかなり充実するものと思われます。
たかが付録と侮るなかれ。

さっそく明日にでも本屋へ行ってミニサイズのお掃除ロボを手に入れたいと思います。

いよいよ開幕WBC

いよいよWBC、ワールドベースボールクラシックが3月7日キューバ戦から開幕しますね。


https://baseball.yahoo.co.jp/wbc/column/detail/201703030004-spnavi

スポーツ、野球好きな私にとっては非常に待ち遠しいというか楽しみでしょうがないです。プロ野球のオールスターゲームとは違い、日本人の選ばれし選手たちが世界と真剣勝負で戦うので旬な選手の最高のプレーが見れると思うと興奮します。

前回大会ではドミニカに前田健太が打たれた印象があります。結果はベスト4という結果でしたので、今回は最低でも決勝まではいってほしいですが、正直厳しい感じが強いです。メジャーリーグ勢の参加も青木選手、外野手1名のみで、投手陣でメジャーリーグ勢がいないのが心細いですね。中心になれる選手頼れる大黒柱がいないところが不安材料でもあります。野手陣では青木や筒香、山田といった選手を中心に打撃の上手い選手が多いので、ある程度は大丈夫だろうと思ています。

野球はだ打撃じゃなくて投手力が大事です、スポーツなんでも守備のほうが重要なのです。投手が0点に抑えれば負けることはまずないからですね。

年々、他国チームも強くなっているというか本気モードというか、日本が1回大会、2回大会と連覇できたときと比べると、戦力がアップしてきているように思います。楽勝で勝てるような試合が1次リーグからありません。

他国のNPB選手も注目ですね。相手としてはやりたくないのが本音ですが。

キューバのデスパイネ(ソフトバンク)やオランダのバンデンハーク(ソフトバンク)、バレンティン(ヤクルト)ベネズエラのスアレス(ソフトバンク)等ソフトバンク勢が多いですね。ソフトバンクファンの私にとってはうれしいし対戦している所もみてみたい気もします。

今回もかなり強敵揃いなライバル国たちですが、ぜひ優勝を勝ち取って東京オリンピックにつなげてほしいですね。またワールドベースボールクラシックも今大会が最後という噂もありますが、最後にはしてほしくないですね。日本が優勝を勝ち取り消滅させないように訴えてほしいと思います。